山陰の神楽写真集! 温泉津の海神楽そして、小林泰三さんが神楽面に向かう様子も掲載されています。

2018.09.26

[海神楽 2018]

あの興奮から1週間。

 

会場へ足を運んで下さいました皆さまは、
時折、あの荘厳で不思議で美しかった時間を思い出されるのではないでしょうか?

 

さて、季節は秋の彼岸。
これからは秋の収穫を終え、
本来の【神楽】が在るべき姿で舞われる季節の到来となります。

 

元々、神楽が生まれた理由は何か?

というところを、
神楽を愛し、
継承し、
大好きである私たちそれぞれも、
決して忘れてはいけないという風に思います。

 

そんな中、
温泉津女子会に、ご縁あった方からお話しが舞い込んできました。

 

それが、この一冊の写真集です。

 

【神々への美しき歌舞】

『山陰の神楽写真集』

島根・鳥取。
山陰地方では古来伝統的に各地域で神楽が受け継がれています。

 

その文化的な背景とともに、
各地域ごとに神楽そのものの上演スタイルも違っています。

この写真集には、

 

●石見神楽
・温泉津 海神楽:福光海岸
・有福神楽:下有福八幡宮
・浜田 海神楽:国府海岸
・大元神楽:大原神社

 

●出雲神楽
・佐陀神能:佐陀神社
・出雲神代神楽:神楽の宿
・出雲神代神楽:山地神社
・大土地神楽:大土地荒神社

 

●隠岐神楽
・島後久見神楽:伊勢命神社
・隠岐島前神楽:由良比女神社

 

●獅子神楽
・麒麟獅子舞:大和佐美命神社
・久多美の獅子舞:久多美神社

 

●伯耆の神楽
・下蚊屋荒神神楽:旧明倫小学校

 

これら13の土地で行われた神楽が、荘厳に、美しく、また、その空間に存在した迫力をそのままに写真集にしたためてあります。

 

そして、その写真とともに、それぞれの神楽の概要、主な演目の紹介、神楽面の紹介、用語集、また、神楽面、神楽衣装、蛇胴の製作所のインタビューも掲載。

 

ただの写真集ではなく、山陰の神楽の歴史から基礎知識まですべてがわかる1冊となっています。

 

もちろん!!

温泉津の海神楽も昨年の様子ですが掲載。

 

そして、温泉津の誇る小林工房、小林泰三さんが神楽面に向かう様子も掲載されています。